モノクロタイム

I'm from the future!

【vvvv】Rekorderノードについて

vvvvでgif動画の書き出しを行うときは「Rekorder」ノードを使うと便利です,Twitterにアップする動画とかを気軽に録画できるのでめっちゃいい.

vvvv.org

訳あってvvvvのRendererの動作画面を連続的にgif書き出し+サーバにアップロードする必要があったのだけど,Rekorderノードは

・ctrl+4で録画開始→再度ctrl+4を押されるまで録画

するのではなく

・crtl+4で録画開始→約10秒ほどのgif動画を書き出す→別ファイルとして再度10秒ほど録画を開始→(これの繰り返し)

らしい.違ったらすみません

約10秒ほどっていうのは,フレームに直すと大体300フレームくらいです

保存先のディレクトリ名もファイル名も自由に変更できるので,わりと自由度高そうで良かった.

というメモ書きでした...

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

  • 作者: Jan Barth,Roman Stefan Grasy,Martin Lukas,Markus Lorenz Schilling,Jochen Leinberger
  • 出版社/メーカー: Schmidt Hermann Verlag
  • 発売日: 2013/06/01
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

【vvvv】vvvv x LattePanda x RaspberryPi Zeroでデジタルサイネージをつくる

こんにちは,れいじです.

以前Raspberry Piで作ったWebAPIサーバと接続して,現時点の降水強度を表示するデバイスを作りました.

reiji1020.hatenablog.com

用意するもの

LattePanda 4GB/64GB

メモリ4GB,ストレージ64GBでWindows10が載った小型PCです.vvvvはWindows上でしか動作しないので,これを使って小型サイネージを作成します.

Lattepanda用散熱ファン

Lattepandaは熱を発しやすいので熱を放出してあげないと熱暴走でシャットダウンしたりします.通常使いの場合はヒートシンクでも十分ですが(所説あり),今回はvvvvを連続で動作させるため通常時よりも高い発熱が予想されます.ファンを付ければ急なシャットダウンのリスクを軽減することができます.

LattePanda専用 散熱ファン

LattePanda専用 散熱ファン

ケース

木製のケースです.中国の組み木の技術を使っているそうで,一見するとかなり簡素な作りに見えますが頑丈です.通気口もきちんとあるので,中に熱がこもるなどの心配もありませんでした.

ファンを取り付けたら下蓋が閉じなくなった

LattePanda用木製ケース

LattePanda用木製ケース

7インチIPSディスプレイ

LattePanda用の7インチディスプレイです.解像度が高く,IoTデバイス用のディスプレイの中では安価なのに満足度が高い商品でした.かなり薄いので,強く摘まんだら割れそうで怖い…

本当はスタンドみたいなのに入れたほうがいいと思うんですが,PC化ケースがめっちゃ高いんすよね…

LattePanda用7インチ 1024x600 IPSディスプレイ

LattePanda用7インチ 1024x600 IPSディスプレイ

パッチ

API接続側

f:id:yomoyamareiji:20181014123058p:plain

基本的にAPI関連はHTTPGet/Postノードを使うとよしなな感じでデータの送受信が可能です.念のためRenderer(TTY)でデバッグ画面も表示しています.

GetElementを使用すれば,APIの各要素(Data,Rainfall...)にアクセスし,情報の取得ができます.今回は現時点~60分後までの予報情報が返ってくるので,7つのSliceを持つSpreadを返却するようにしています.

ディスプレイ側

f:id:yomoyamareiji:20181014135319p:plain

Particleやら3Dオブジェクトやらを駆使すると確実に熱暴走でシャットダウンするので,表示部分は軽めに作りました.

f:id:yomoyamareiji:20181014135427p:plain

降水強度によって背景色が変化します.

f:id:yomoyamareiji:20181014135458p:plain

f:id:yomoyamareiji:20181014135509p:plain

f:id:yomoyamareiji:20181014135519p:plain

7インチといってもやはり画面の大きさは限られていますので,現時点の降水強度を表示するだけにとどめています(予測値まで表示すると画面がごちゃごちゃ…)

結構ファンの音がうるさいのでベッドサイドに設置するのはやめました.あ,ヒートシンクで冷却賄うなら静音だけどやっぱりシャットダウンが怖いです.

家には掛け時計がないので,時間が表示されているのもポイント高いです.

Lattepandaのハイエンドモデルを買えばもうちょっとリッチな表現も可能になりそうです.

ではでは~

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

  • 作者: Jan Barth,Roman Stefan Grasy,Martin Lukas,Markus Lorenz Schilling,Jochen Leinberger
  • 出版社/メーカー: Schmidt Hermann Verlag
  • 発売日: 2013/06/01
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

技術書典5にサークル参加しました

こんにちは,れいじです.

10月7日(月・祝)に行われた技術書典5にサークル参加してきました.

技術書典

サークル名は「CANDY CHUPS Lab.」で,う51にいました.

新刊は以下3つを持っていきました.

gyaopan.booth.pm

gyaopan.booth.pm

gyaopan.booth.pm

現在新刊・既刊共にBOOTHで通販を行っています.

一番売れ行きが良かった本

「やってみようGoでISUCONパフォーマンスチューニングーISUCON7の予想問題を試してみる本ー」は多くの方に手にとっていただけました.余談ですが表紙のゴーファー君は私が2分で描きました(色塗り込み)

おかげさまでDL販売数も昨日と今日で25部を超えました.ありがとうございます!

Go言語に興味がある方(もしくは実際に使われている方)やISUCONに挑戦している方の2方向の方々に刺さったのかな~という感じです.感想や質問などは

じろう@技術書典5 う51 (@dorako321) | Twitter

までお願いします.

冊子版をご注文された方についてはなる早で発送しますので,しばらくお待ちください.

vvvv本の今後について

今回はステップアップ(応用編)ということもあってvvvvをそこそこ使用している方向けの本を書きました.

冊子版はグレースケール印刷→フルカラーにし,ページも増やしたものを2冊出していましたが,そもそもvvvvがニッチ中のニッチである上にvvvvをそこそこ使ってる人って大体フォロワーじゃない?ってな感じで希少種なので本当に一般向けに刺さりにくい本になってしまいました.早い話が赤字でした.需要に対して書く内容のレベルを上げすぎたこと・マーケティング不足だったこと・(フルカラー・少部数印刷のため)本の値段が上がったことが主な要因な気がしています.

技術書典タグで検索すると「ニッチすぎてこんな本誰が読むんだよ!」的な本でも技術書典なら手に取ってもらえる的なムーブがあるけど,ニッチ技術を攻めすぎて本当に手に取りにくい本が爆誕してしまいました… vvvv民増えて…増えて輪になって語ろう…おすすめアドオンとか面白ノード教えあってワイワイやろ…?

とはいえvvvv本2・vvvv本3ともに10冊以上お手にとっていただくことができました.vvvv本の感想とか質問とかは@reiji1020まで投げてくれると糧になります,よろしくお願いします…! 技術書典6ではVLの本を出そうかな~と思っていましたが,今回の新刊以上に読者を選ぶことになるのでちょっと悩んでます.既刊3冊の総集編本は出すけど,もしかしたら新刊は本職のフロントエンド技術であれこれやるかもです.

めちゃめちゃ遅いですがvvvv本のサンプル置きました↓

・vvvvでCGプログラミングやってみる本2-Spreadをマスターしてステップアップ!-サンプル:https://1drv.ms/f/s!AnEEOBHWIMp64jIFR6dFAh2VtP9d

・vvvvでCGプログラミングやってみる本3-マイクやKinectを使ってみよう!-サンプル:https://1drv.ms/f/s!AnEEOBHWIMp64jOwYICCkp9THRjv

買ったもの

15時あたりから暇になってきたので他のサークルさんを覗いてフロントエンド系の本を買いました.

React系は業務直結なので買おうかと思ったけど結構知ってる内容も多かったので見送り.Nuxt.js界隈はアツいですね.撤収・完売しているサークルさんも多かったのであまり多くは買えませんでしたが,これからゆっくり読みます!

CANDY CHUPS Lab.のこれから

CCLはアウトプットお化けなので多分いろんな場所で出没します.直近だとヤフー株式会社主催のHackDay 2018に参加予定です.昨年はFun賞を受賞したので,これより上の賞…つまり最優秀賞を狙ってます.アイデア大丈夫かな…

hackday.jp

書籍関連ではもちろん来年4月の技術書典6で!

ではでは~

【パリピのための電子工作】レインボーに光る電球ソーダを作る

こんにちは,れいじです.非パリピです.

電球ソーダの容器を手に入れたので魔改造して遊びました.

電球ソーダとは

womagazine.jp

韓国発祥のオシャレドリンクです.日本の専門店といえばピカピカソーダが有名どころ.

最近は縁日の定番となりつつありますね.

その影響か,この電球ソーダの容器がAmazonやYahooショッピングなどで販売されています.

本家と縁日用の電球ソーダの違いは

本家:そもそものジュースがカラフル.電球のソケット部分にLEDや電球型のストラップがついている.

縁日用:ソケット部分には何もつけないことが多い(ジュースを入れてすぐに提供できるようにするため).ボトルの底がへこんでいて,赤・青・緑のLEDがくっついた基盤がある.ボタンをぽちっと押せば光る仕様.

主にこんなかんじ.

あんまり光り方がエモくない問題

赤・青・緑のLEDを配置している以上,混色が難しいのでなんだかチープな印象を受けます.

なのでNeoPixel RingとArduino Gemmaを使用して,エモい電球ソーダボトルを作ります.

用意するもの

Arduino Gemma

Adafruit Gemma - Miniature Wearable Arduino-like Electronic Platform

Adafruit Gemma - Miniature Wearable Arduino-like Electronic Platform

・NeoPixel Ring(12個つき)

Adafruit 12 RGB LED Neopixel Ring [並行輸入品]

Adafruit 12 RGB LED Neopixel Ring [並行輸入品]

・リチウムポリマー電池

配線

f:id:yomoyamareiji:20170222154709p:plain

プログラム

Gemmaがシリアルポートに現れてくれないときはTrinketのドライバをAdafruit公式サイトから落としてきてインストールし,

・ボード:Arduono Gemma(ATTiny85 @8MHz) ・書き込み装置:USBTinyISP

にした状態で,メニューバーのスケッチ > 書き込み装置を使って書き込む を選択すればOKです.

f:id:yomoyamareiji:20180808191938p:plain

#include <Adafruit_NeoPixel.h>
#ifdef __AVR__
  #include <avr/power.h>
#endif

#define PIN 0

// Parameter 1 = number of pixels in strip
// Parameter 2 = Arduino pin number (most are valid)
// Parameter 3 = pixel type flags, add together as needed:
//   NEO_KHZ800  800 KHz bitstream (most NeoPixel products w/WS2812 LEDs)
//   NEO_KHZ400  400 KHz (classic 'v1' (not v2) FLORA pixels, WS2811 drivers)
//   NEO_GRB     Pixels are wired for GRB bitstream (most NeoPixel products)
//   NEO_RGB     Pixels are wired for RGB bitstream (v1 FLORA pixels, not v2)
//   NEO_RGBW    Pixels are wired for RGBW bitstream (NeoPixel RGBW products)
Adafruit_NeoPixel strip = Adafruit_NeoPixel(60, PIN, NEO_GRB + NEO_KHZ800);

// IMPORTANT: To reduce NeoPixel burnout risk, add 1000 uF capacitor across
// pixel power leads, add 300 - 500 Ohm resistor on first pixel's data input
// and minimize distance between Arduino and first pixel.  Avoid connecting
// on a live circuit...if you must, connect GND first.

void setup() {
  // This is for Trinket 5V 16MHz, you can remove these three lines if you are not using a Trinket
  #if defined (__AVR_ATtiny85__)
    if (F_CPU == 16000000) clock_prescale_set(clock_div_1);
  #endif
  // End of trinket special code


  strip.begin();
  strip.show(); // Initialize all pixels to 'off'
}

void loop() {
  // Some example procedures showing how to display to the pixels:
  colorWipe(strip.Color(255, 0, 0), 50); // Red
  colorWipe(strip.Color(0, 255, 0), 50); // Green
  colorWipe(strip.Color(0, 0, 255), 50); // Blue
//colorWipe(strip.Color(0, 0, 0, 255), 50); // White RGBW
  // Send a theater pixel chase in...
  theaterChase(strip.Color(127, 127, 127), 50); // White
  theaterChase(strip.Color(127, 0, 0), 50); // Red
  theaterChase(strip.Color(0, 0, 127), 50); // Blue

  rainbow(20);
  rainbowCycle(20);
  theaterChaseRainbow(50);
}

// Fill the dots one after the other with a color
void colorWipe(uint32_t c, uint8_t wait) {
  for(uint16_t i=0; i<strip.numPixels(); i++) {
    strip.setPixelColor(i, c);
    strip.show();
    delay(wait);
  }
}

void rainbow(uint8_t wait) {
  uint16_t i, j;

  for(j=0; j<256; j++) {
    for(i=0; i<strip.numPixels(); i++) {
      strip.setPixelColor(i, Wheel((i+j) & 255));
    }
    strip.show();
    delay(wait);
  }
}

// Slightly different, this makes the rainbow equally distributed throughout
void rainbowCycle(uint8_t wait) {
  uint16_t i, j;

  for(j=0; j<256*5; j++) { // 5 cycles of all colors on wheel
    for(i=0; i< strip.numPixels(); i++) {
      strip.setPixelColor(i, Wheel(((i * 256 / strip.numPixels()) + j) & 255));
    }
    strip.show();
    delay(wait);
  }
}

//Theatre-style crawling lights.
void theaterChase(uint32_t c, uint8_t wait) {
  for (int j=0; j<10; j++) {  //do 10 cycles of chasing
    for (int q=0; q < 3; q++) {
      for (uint16_t i=0; i < strip.numPixels(); i=i+3) {
        strip.setPixelColor(i+q, c);    //turn every third pixel on
      }
      strip.show();

      delay(wait);

      for (uint16_t i=0; i < strip.numPixels(); i=i+3) {
        strip.setPixelColor(i+q, 0);        //turn every third pixel off
      }
    }
  }
}

//Theatre-style crawling lights with rainbow effect
void theaterChaseRainbow(uint8_t wait) {
  for (int j=0; j < 256; j++) {     // cycle all 256 colors in the wheel
    for (int q=0; q < 3; q++) {
      for (uint16_t i=0; i < strip.numPixels(); i=i+3) {
        strip.setPixelColor(i+q, Wheel( (i+j) % 255));    //turn every third pixel on
      }
      strip.show();

      delay(wait);

      for (uint16_t i=0; i < strip.numPixels(); i=i+3) {
        strip.setPixelColor(i+q, 0);        //turn every third pixel off
      }
    }
  }
}

// Input a value 0 to 255 to get a color value.
// The colours are a transition r - g - b - back to r.
uint32_t Wheel(byte WheelPos) {
  WheelPos = 255 - WheelPos;
  if(WheelPos < 85) {
    return strip.Color(255 - WheelPos * 3, 0, WheelPos * 3);
  }
  if(WheelPos < 170) {
    WheelPos -= 85;
    return strip.Color(0, WheelPos * 3, 255 - WheelPos * 3);
  }
  WheelPos -= 170;
  return strip.Color(WheelPos * 3, 255 - WheelPos * 3, 0);
}

もちろんモバイルバッテリーを使って給電することも可能なのですが,リチウムポリマー電池を使うとよりコンパクトにまとまるのでおすすめです.

こうなります.めっちゃインスタ映えする.

レインボーに光るとめっちゃエモい

みんなも電球ソーダのボトルを買って,中にストロングゼロジュース入れてインスタ映えしよう!

最近は電球ソーダよりも哺乳瓶ソーダが流行ってるとかで,さすがにそこまではついていけないなあと思っている非パリピでした.