モノクロタイム

I'm from the future!

Postcrossingをはじめて2か月が経った

こんにちは、れいじです。

9月末に唐突に英語を勉強しようと思って(意味深)、英語の本を読んだりしていたのですが、

  • 英文を読む:特に問題なし、知らない単語あれば調べる
  • 英語を話す:若干不安、簡単な日常的やりとりならなんとかなる
  • 英文を書く:破滅

ということに気付いたので、英文を書く練習をしようと思いPostcrossingを始めてました。

Postcrossing

www.postcrossing.com

Postcrossingを使うと、世界中の人からポストカードが家に届くようになります。(もちろん、ポストカードを貰うには自分も世界中のだれかにポストカードを送る必要があります)

日本は万国郵便連合?というのに加入していて、同じく万国郵便連合に加入する国に対しては70円でポストカードを送ることができます。

ポストカードは表面が絵(写真)で、なおかつ裏面も半分が宛名欄なので、たくさんの英文をぎっちり書けないところが逆にメリットだったりします。どうも長々とした文章は苦手ですし、いくら相手のプロフィールを見れるとはいえ、話題をたくさん膨らませることもできないですしね。。。

そもそも英文法が怪しいポンコツ社会人には良い英作文の勉強ツールになっています。

書く内容としては

  • 自己紹介(1文)
  • 今の日本の気候や環境の説明(1文)
  • 相手のプロフィールや居住国を見て、相手のお国柄について質問してみたり。美味しい食べ物を聞いたり。(2,3文)
  • 締めのあいさつ(1文)

こんなかんじ。これでポストカードのメッセージ欄が良い感じに収まるので、ポストカードを書くという行為自体もあまり負担にならずに済んでいます。

私はプロフィールに「風景画やファッション(民族衣装)、お城の写真・イラストのポストカードがほしい」と書いているので、相手も比較的テーマに沿ったポストカードを送ってくれます。カードそのものの絵柄だけではなくて、切手までこだわってくれるひともいてとてもうれしいです。中学生のころに海外の切手を集めるのが趣味だったのですが、また再燃しそうだなーってくらいには楽しめてます。

届いたポストカード一部

ユーザーは圧倒的にヨーロッパ、それもドイツやロシアの国の方が多いです。

f:id:yomoyamareiji:20191220232403j:plain

ロシアから届いたマトリョシカ柄のポストカード。秋のロシアはそんなに寒くないのよって書いてありました。

f:id:yomoyamareiji:20191220232444j:plain

韓国の女の子から届いたカード。プロフ欄を見て送ってくれたっぽいです。宛名欄にクリスマスのシールが貼ってあってかわいいです。

f:id:yomoyamareiji:20191220232652j:plain

なんともアメリカ!って感じのイラスト。どっかの博物館で売ってるのかな

他にもまだ何枚かあるのですが、全部スキャンしてGoogle photoのアルバムに保存しています。

送っているポストカード

日本人同士で送りあうようなオシャレ~なポストカードよりも、THE!!!JAPAN!!!って感じのものが喜ばれるようなので、富士山とか寺とかの写真がデカデカと映っているポストカードを送るようにしています。

あとなんか海外はごりごり手紙が揉まれるようなので、きちんとした厚いポストカードを送るのがよさそうでした。

八重洲ブックセンターとかにいくと、1枚から外国人が喜びそうなお土産ポストカードが買えておすすめです。

こういうやつとかもアリ

英語学習としてのPostcrossing

ありなんじゃないかと思ってます。

エンジニアなのでPCにかじりついている時間がどうしても多いのですが、少し気分転換に文字を書くのもいいものです。

今のところはポストカードを書くのも苦じゃないし、ポストを覗くのも楽しみなのでもう少し続けてみようと思っています。

ではでは~

総合英語Forest, 5th edition

総合英語Forest, 5th edition

↑高校生の時にリアルに使っていた英文法教科書を高校生の時以上に使っている