モノクロタイム

I'm from the future!

【vvvv】KommuniKatorを使って作品のスクショをアップロードした

この記事はvvvv AdventCalender 20日目の記事です。

qiita.com

AquaLampさんにお誘いいただきました。ありがとうございました!

こんにちは,れいじです.

vvvvの公式ページのアカウントは前から持っていましたが,あまり有効活用していませんでした.

vvvv.org

vvvvのアカウントを作ると,主に以下のようなことができます.

  • 公式フォーラムでのスレッド作成

  • Wikiページの作成:用語の説明やノードの説明に関するページが作れます.英語のページを和訳して投稿されている方もいます

  • ブログ投稿:作った作品や映像などを共有できます

今回,この3つめのブログ投稿をやってみました.

vvvvの投稿ツール「Kommunikator」

vvvvでは,スクリーンショットを取りたいウィンドウをアクティブにした状態でctrl+2を押すと,ウィンドウの枠を消した状態のスクリーンショットを撮影することができます.

同様に,ctrl+3を押すとKommunikatorというvvvvのブログ投稿用ツールが立ち上がります.

f:id:yomoyamareiji:20161220232500j:plain

こんな感じ.

ブログのタイトル,本文を書くスペースがあり,投稿するアカウントのIDとパスワードを入力する部分があります.いたってシンプルな作りです.

そして画面真ん中にあるのがスクリーンショットですね.

スクリーンショットのサイズが大きいと,トップページのヘッダ画像として使用できます.(「☑use image as header」にチェックを入れます)

uploadボタンを押すと,投稿完了.

vvvv.org

こんな感じで投稿ができました.

ちなみにヘッダ画像として採用されたときのイメージはこんな感じ.

f:id:yomoyamareiji:20161220233355j:plain

イイ感じになりました.

ヘッダ画像はユーザーからアップロードされた画像の中からランダムで採用されているようなので,この記事を見ている方もこのヘッダ画像を見ることがあるかもしれません!

割と簡単にアップロードできるので,是非ためしてみてくださいね.

ではでは~

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

  • 作者: Jan Barth,Roman Stefan Grasy,Martin Lukas,Markus Lorenz Schilling,Jochen Leinberger
  • 出版社/メーカー: Schmidt Hermann Verlag
  • 発売日: 2013/06
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る