読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノクロタイム

I'm from the future!

【vvvv】Rendererの解像度について

こんにちは,れいじです.

以前の記事の続き的な記事になります.

reiji1020.hatenablog.com

この記事中で

解像度が高いままCGを呼び出す場合はRendererを必ず表示し,そのウィンドウサイズを十分な大きさまで広げる必要があります.

という一文を書いていますが,Rendererを必ずしも表示することはなく,またウィンドウサイズを十分な大きさまで広げなくてもよい方法を見つけましたのでメモしておきます.

まずこちらが他パッチから呼び出されたCGです.

f:id:yomoyamareiji:20160808194254p:plain

あまり描画がきれいにできていませんね.

こちらは以下のようにして描画レイヤを呼び出しています(tubeというのがこのCGを作っている元のパッチになります)

f:id:yomoyamareiji:20160808194547p:plain

私もまだよくわかっていないのですが,DX9Textureノードを通すと心なしか解像度が落ちるような…?

そこで,真ん中のRendererのInspectorを開き,Backbuffer widthとBackbuffer heightを適切なウィンドウサイズに指定します.

f:id:yomoyamareiji:20160808195022p:plain

ディスプレイサイズやRendererのサイズに合わせてあげてください.

すると…

f:id:yomoyamareiji:20160808195144p:plain

きれいに描画ができました.

デスクトップ上にたくさんRendererを表示させなくても適切な解像度のCGを呼び出すことが出来ました.

これに気付くまでにかなり時間がかかりました…笑

ともかく,複数のRendererを描画し続けることによるPCへの負荷が少し軽減されて良かったです.

ではでは~

~余談~

vvvvookの電子書籍版が販売されるようです!

book.mynavi.jp

なんと紙媒体の本の半額みたいです.おススメ本なので,vvvvを始めようとしている人はぜひ!

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

vvvvook -プロトタイピングのためのビジュアルプログラミング入門

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

Prototyping Interfaces: Interaktives Skizzieren mit vvvv

  • 作者: Jan Barth,Roman Stefan Grasy,Martin Lukas,Markus Lorenz Schilling,Jochen Leinberger
  • 出版社/メーカー: Schmidt Hermann Verlag
  • 発売日: 2013/06
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る