読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノクロタイム

I'm from the future!

ジェネラティブアートやりました

Processing

こんにちは,れいじです.

大学の先輩である@dorako321さんとジェネラティブアートやりました.

私がジェネラティブアートの本を読んでブログをつけているのを見て興味を持って頂けたっぽい.やったぜ.

地元で美味しいスープが飲める喫茶店がオープンしたらしいので,ここで作業をすることに.

ブループリントというお店です. 長崎市大波止夢彩都前にある喫茶店で,平日の昼下がりでも結構お客さんが居ました.オーナーは建築デザイナーだとか.

店内にもデザインやライフスタイル関係の本や雑誌が置いてあって,だれでも自由に読んでいいみたいです.貸出もしてるらしい!

私はスープセットというメニューを頼んでみました.ビーフシチューと,クロワッサンと,アイスコーヒーのセットです.これで900円くらい.

ちょっとお高いけど,お腹いっぱいになるし何より美味しいのでいいかなあと思います.向かいに見えているのは,dorakoさんが注文した牛テールカレーです.少し貰ったけど美味しかった.

さて,本題のジェネラティブアートですが,以下の様なものを作りました.

GenerativeArts

ちなみにdorakoさんの作品はこちら.

http://yamada.daiji.ro/art/line_dorako321/

異次元に連れて行かれそう.

ジェネラティブアートの本ではProcessingを使用しているのですが,これをWeb上で動かすとなると,非常にもっさりとした動きになることが判明したので,HTML5canvasJavaScriptを使用して描画してみました.

というのも,Processing.js自体canvasとJSを使用して変換かけてるだけっぽいので,描けないことはないだろうなーと.

ただ,canvasやJSでパーリンノイズを表現する手立てをこの時間で見つけることが出来なかったので,ランダム性とか予測不可能性という面では少し弱いかもしれません.

一緒に作業してくれたdorakoさんの記事はこちら.

Javascriptでジェネラティブアートをやってみた | しびら

スープは美味しいしジェネラティブアートは楽しいしでサイコーでした.またやりたいです!

ではでは〜

[普及版]ジェネラティブ・アート―Processingによる実践ガイド

[普及版]ジェネラティブ・アート―Processingによる実践ガイド

  • 作者: マット・ピアソン,Matt Pearson,久保田晃弘,沖啓介
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る